ブログトップ

fabrica uka blog

fabricauka.exblog.jp

<   2014年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

少し大きくなったミニミニバッグ

何を入れるのか?の謎を振りまきながらもジワジワと旅立ってゆき、
気がつけば在庫がなくなっていたミニミニバッグが
少し成長して新たに取り外し可能な革ハンドルがついて
mocca森下雑貨店にてお取り扱いいただいております。
d0297039_16502529.jpg
ムード無い写真でごめんなさい。納品直前の資料写真しか押さえてませんで・・・。

moccaさんはふわっと明るい店内に
ハンドメイドの雑貨がたくさん。
雑貨やキッズアイテムだけでなく、おとな服も気になるものけっこうあったりして
打合せや納品に伺っても店内の品物に目移りして滞留時間がつい長くなってしまいます。

バッグと一緒にこちらのシリーズのピアスも一部、
置かせていただいております。
d0297039_17896.jpg
バッグもピアスも現在、moccaさんのみ限定のお取り扱いとなっております。

【mocca森下雑貨店】
〒135-0004
東京都江東区森下2-4-7五月女ビル1F-A
※地下鉄「森下」「清澄白河」駅からサクサク徒歩3分くらい・・・かな。
※新作やワークショップや営業時間案内などはブログをチェックしてみて下さい。
 →blog
※ネットショップもやってらっしゃいます。遠方の方も是非に。
 →netshop
[PR]
by fabricauka | 2014-04-20 17:14 | 作品

パターンとは。

fabrica ukaではプリントする模様、柄のことを「パターン」と呼びます。
洋服などを作る時の型紙を指す「パターン」とは別物です。
「テキスタイルパターン」というとわかりやすいかもですが、
テキスタイルだけに限定しようという気がないので「パターン」とだけ。

イベントなどの参加が続くとどうしても
おちついてパターン制作ができなくなります。
日常にある「もの」「こと」がパターンのモチーフになっているので
ふとした拍子に思いつき、その都度スケッチに落書きしておきます。

そして時間ができた時に、実際にパターン化していきます。
思いついた時は「!」と思って喜々として落書きしても、
パターン化する作業の中で心が折れそうになることも時々。いや、多々。
更に、リピート(繰り返して柄をつなげる)させるための
仕組み作りをしないと、パターンとして成立しません。
リピートの仕組みを作る段階でパターンの形をかなり調整しなければならないことも多く
ラフスケッチ通りにいかないジレンマがある反面、
スケッチ段階では思い描けなかった、調整していく段階で見えてくるミラクルもあり。

一筋縄ではいかないけれど、楽しい作業です。
・・・楽しい、と思える結果が出ない日もありますが。

サイトにパターンを紹介するページを作りました。
モノクロで見るパターン、それがどんな色の生地にどんな色でプリントされて
どんなステッチが加わるのか。
極々、簡単ですが。
patterns

そうこうしつつ、富士山のパターンができていたのでした。
世界遺産登録のニュースが冷め切ったころに作るあたりがfabrica ukaの温度です。
ワイワイガヤガヤされてもされなくても、いつもキレイな富士山です。
d0297039_14542767.jpg
試し刷りもいい感じです。
FbやTwitter上でのモチーフ予想が私の予想を軽く遥かに越えて面白いです。
ボトル、タジン鍋、ツボミ、切り子グラス、砂時計・・・。
私の発想の出発点は一つだったのに出来上がったパターンが
見る人によって色々に見えるというのは、実に楽しくて嬉しい瞬間です。

今回刷ったのは試し刷りですが、これは今あらたに考えているブローチに使えそうです。
こんな感じの。違う形も作る予定です。
d0297039_1456091.jpg


そして、shopページにも新作のバッグをアップしています。
shop
クレジット決済機能はちょっといまだペンディング中です。
クレジットがいいのに〜という方はiichiにもお店出してますので。
iichi
ハンドリングの事情で自営のショップページの方が出品数が多かったり
発送方法やゆうパックの料金などが多少違いますが、ご容赦願います。
お好きな方を選んでみて下さい。
d0297039_15153189.jpg

[PR]
by fabricauka | 2014-04-13 15:20 | 制作のあれこれ